オーストリアに恋して。

日本でサラリーマンを経た後オーストリアで大学院生に。オーストリア留学情報・蛇足なことも含め発信するブログ。

在留届は提出していますか?オーストリアにまず来たら…

こんにちは!BABSIです。

ウィーン、やっと春モード到来です。ついに重たいコート無しで外出できるようになりました。

先日大使館にいく用事があり、その際ぱっと思い立ったので、ちょっと在留届の件について書いておこうと思います。

1年2年3年の長期滞在なり、数か月の短期滞在なり、どっちにしても日本大使館へ我々は「在留届」なるものを提出します。

在留届を出すことは義務ではないようですが、ここに現住所情報や緊急連絡先、所属などを記入します。

何のときにこれが役立つのかというと、例えば事故にあったり行方不明になったりしたときに、在留届を出していればその情報が有力になります。日本に家族がいる場合、その家族にも情報がいくでしょうし、現地の緊急連絡先にももちろん連絡が入ると思います。

また、とくに個人でトラブルなど発生しなくとも、大使館が都度、どこでデモがあるかetc、情報をメールしてくれます。

先日、外務省発表のデータに目を通すと、オーストリア全土に滞在の日本人はおよそ3,000人とされていました(私の感覚ではもっと多いような気もしていましたが)。また、2016年からワーキングホリデー制度が始まり、今年からはその期間も半年から一年に延長されたので、日本人の流入は多少なりとも増えるのでは、と思います。あ、ビザ発給数が最大200なので、なんとも言えないか…まあそういった手段で来る方たちも、在留届は出したほうがいいです。

とにもかくにも、万が一のために「在留届」は、大使館に提出しておきましょう、という記事でした。

私の周りでは時々、在留届出してないって人がいましたが、絶対出しておいたほうがいいです。