読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストリアに恋して。

日本で会社員を経てオーストリア・ウィーンの大学院生に。将来日本を元気にしたいと思い本気で勉強しています。

ネズミやウサギ!ドイツ語では恋人や家族に動物の名前を付けるのが好き?

オーストリア生活 ドイツ語

こんにちはBABSIです。

私は渡欧してからどうしてもしっくりこないものがあります。それは、家族や恋人に対する愛称・呼び方です。

f:id:babsi:20160927183907j:plain

こちらではパートナーのことを「Schatz(シャツ)」(意味:宝)、と呼ぶことが多い。

あとはSchätzchen(シェツヒェン)とかSchatzi(シャツィー)という変化形もよく耳にしますが、これはSchatzよりも可愛らしいかんじです。

これらはまあいいんですが、私がほかに常々耳にするのは、恋人や子供を動物の名前で呼ぶこと。具体的には、「Maus(マウス)」(ネズミ)、「Hase(ハーゼ)」(うさぎ)です。私はこれを可愛らしいと思う一方、なんだかまだ慣れない。

あと、Mausの変化形で「Mausi(マウジー)」。ねずみをもっと可愛らしく言った感じでしょうか。

 

特に小さい赤ちゃんはMaus/Mausiと呼ばれてるのをよく聞きます。うちの同居人も、自分の子供をそう呼んでいます。多分、赤ちゃん本人の名前で呼ぶのとMausと呼ぶのと半々くらいだと思います。Maus、つまりネズミって小さくて可愛いので、こうして人間の子供の愛称となっているのかもしれませんが、私にとってのネズミのイメージはどうしても屋根裏のホコリが被った場所とか、ドブの中(それこそドブネズミのイメージ笑)なので、なんか自分の子供を「ネズミ」って呼ぶのは子供にたいして失礼なんじゃないかって気が心のどこかにあります。笑

f:id:babsi:20160927184056j:plain

日本にいた時、東京のビル内に潜むネズミたちを駆除する、なんて特番を見たりしてた記憶もあるせいか、ネズミってどうも我々人間から排除されている存在なイメージ

しかも、「ネズミ」って漢字で書くと「鼠」です。うーん、この漢字から”可愛らしい”のイメージはどうしても私にはわかない!

以前、うちに遊びに来た友達のカップルが「Hase」(うさぎ)と呼び合っていて、初めてそれを聞いた私は思わず「Hase…!」と再び呟いてしまい、その場で笑いをとってしまいました。

Hase(うさぎ)はいいにしても、まだまだ私が心の底から慣れないのはMaus(ねずみ)。自分に将来子供が生まれても、多分、ねずみとは呼ばないでしょう…