読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストリアに恋して。

日本で会社員を経てオーストリア・ウィーンの大学院生に。将来日本を元気にしたいと思い本気で勉強しています。

そのやり方で大丈夫?勉強は「時間」よりも「質」とよく言うけれど…

ドイツ語 オーストリア生活 留学 語学学校

こんにちはBABSIです。

みなさんは語学を勉強するときは、時間と質のどちらに重きを置いていますか?

ウィーンで学生をしている私は、ウィーンに来た当初からバリバリガツガツと机に向かっていました。

f:id:babsi:20161103234520j:plain

その時の私の気持ちは「質」としては当時の勉強がどう進んでいたのかは分からない。だって、質や効率を意識しようとしたところでそもそもの自分のドイツ語レベルが低すぎるから、何が効いててなにが足を引っぱっているかの判断すらつかなかったんだもの。

特に、語学は効率のよさを求めてちゃちゃっとやったからといって習得できるほど簡単なものじゃありません。

「時間はそんなに重要じゃない」という人にも何人か会いましたが、先に述べた通り語学はちょちょっとやったからできる!ってな程軽くはない。そういうこと言う人に限って、話せているかといったらそうでもないように感じました(何様だよって思うかもしれませんが正直に書かせてもらいます)。逆に、「あ、この人ドイツ語上手だなー」って思う人ってのは尋ねるとやっぱり裏に努力があって、日本の入試問題に受かるためだけのようなサクッとチャチャッと感で効果を求めるようなやり方ではないというの印象を受けます。 

一応、半年でドイツ語(大学入学必要レベル)試験に合格到達したので、今回はちょっとその立場から語学学習に立ち向かうためのいろはを書きたいなと。私が試験に合格する前、特にウィーンに渡ってすぐの頃はドイツ語がぜんっぜん話せなかったので、いろいろ言われましたよ、そこそこドイツ語が話せた人たちから。でも私は今では彼らより話せる自信があります。笑

 

【1】授業に出てるだけで満足してない?

このセリフは、私はどちらかというと日本人に対してよりも外国人に対してのほうが言いたいかもしれない。

語学学校時代から、授業には毎回来るけど宿題はやってない、わからない単語も調べてこない、って人をたくさん見てきました。私としては、そんなやり方はマジで学費がもったいないと思います。自学習のほうがマシです。

この記事を書いていてだんだんイライラしてきたので書かせてもらいますが、渡航直後はドイツ語がわからなくて笑われたりしたこともありました。その私を笑った元クラスメイトは、一人はトルコ人でウィーン在住10年以上、もう一人はシリア出身(難民)でウィーン在住1年半以上。その頃はA2かB1のレベルにいたと思うのですが、ウィーンに来て間もなかった私から言わせてもらえば、「あんたたちそんなに(しかも一人は10年以上も!)ドイツ語圏にいるのに、まだこのレベルなの?」ってところです。※シリア人の方とはその後良い友達になりました。

おまけに突然授業中「この先生はいい先生だと思わない」とか愚痴を言う人もいましたが、そういう人に限って授業態度は微妙。人のやり方批判する前に自分の姿勢を変えようよ!

それに「授業内容がHochdeutsch(標準ドイツ語)じゃないと分かんない」とか言ってるヤツがいて、ここはオーストリアなんだからオーストリアドイツ語なのは当たり前でしょう…と思った私はおかしいのかな…?

また、私の知り合いで一年ドイツで過ごしたけど挨拶・簡単なフレーズ程度しか話せない人も知ってます。別に、留学って、語学は全員が達成しなければならない目標であるわけじゃないですし、ドイツ語圏にいても英語などの言語をメインに利用して勉強したり働いている人もいるので一概に批判はできません。ただ、ドイツ語を学んでその先なにかに使いたいって思っているのなら、そういう場合は私からしてみれば「そんなにいい環境に1年もやってたのに、一体何して過ごしていたの?」って聞きたくなっちゃいます。(というか聞いちゃいましたけどね実際に)

こういう結果になりたくなければ、学習目標をしっかり定めて、そして授業以外にも自分の学習時間をしっかり確保し自分で勉強内容を消化する時間を作ろう。

そうなると、多かれ少なかれ自然と勉強量は増えざるを得ないでしょう。

私の場合は、日本で仕事を辞めて後がないっていうのもありましたし、いろいろ大きく決断をして飛んできたので、そういった背景からも勉強はかなり真面目にやりました。

 

【2】「その言語らしく」話す努力や発音は意識している?

「私ドイツ語が話せるんです」と言っても、実際にその人が話すドイツ語を聞いて、それが美しいドイツ語がどうかというのはわかりません。学校には、「単語やよく使うフレーズはかなり知ってるけど、話すと何言ってるかわからない」「発音がわるくてなんだかドイツ語に聞こえない」というレベル感の人も結構います。ちなみに私の今の先生は外国人だろうがなんだろうが容赦なく「あなたもっとはっきり話しなさい、何をいってるか全然わからない」と発音がちゃんとしてない人にはかなりハッキリ言います。

母国語の影響が強いままドイツ語を話すというのは日本人にも顕著にありますが、外国人にも結構あるんだな~というのが私の印象です。あとは、英語が話せる人が多いので、話しているドイツ語が気づかぬうちに英語寄りの発音になっているとか。そういや、この前先生が、ロシア人は”h”を”ch”と発音している、と言ってました。これは多くのロシア人にみられる傾向だそう。

私自身もしばしば発音がうまくできなかったり、間違えをオーストリア人の友達から教えてもらうこともありますが、そうやって間違いに気づくためにも、コミュニケーションは意識して取っていこう。

 

【3】ダラダラやるのではなく「半年(もしくは1年)でドイツ語習得」等という目標を定めて

私がほかの記事でもたまに述べている通り、ドイツ語圏に長く住んでいても、信じられないくらいドイツ語が話せないという外国人は多いです。

「就職する」「進学する」「結婚する」などドイツ語習得理由は人によって様々ですが、何が理由であったとしても最終的に言語ができれば生活もしやすくなり、わかることが増えてうれしいものです。

私も先日保険屋に行ってきましたが、夏前に同居人についてきてもらって行った時には、保険屋の人が何を言ってるのか半分くらいしかわからないような感じでしたが、秋に改めて一人で行った時にはだいぶやり取りがスムーズになりました。

ダラダラやると、どうしても身が引き締まらないです。「いつまでに、どのレベルに到達する」というのを具体的に決めることで、ぐっとやる気モードが出ます。

 

日本にいるままドイツ語を勉強するとなれば、ドイツ語を話す機会も限られ難しいものがありますが、ドイツ語圏に渡ってドイツ語を勉強しようと思うならば、ぜひ根気よく粘ってみてはどうでしょう?