オーストリアに恋して。

日本で会社員を経てオーストリア・ウィーンの大学院生に。将来日本を元気にしたいと思い本気で勉強しています。

日本は新学期。4月になりました

こんにちは!BABSIです。ご無沙汰しています。

既にうちの大学は3月から夏セメスターが始まっています。今学期からセミナー系の授業(ディスカッションしたり、プレゼンしたりするような授業)も取っているので、慣れていないことと、生活のリズムがつかめていないことで苦労していました。

が、新学期が始まった1ヵ月たち、クラスに友達もできてきて、心の余裕も少しできて、落ち着いてきた気がします。来週から二週間はイースター休暇で大学はお休みでございます。

また、3月は毎週のように提出物(レポート)とプレゼンがありどうなるかと思いましたがなんとか終了しました(ホッ)

 

私はかなりの心配性で、きちんと準備したとしても、本番をむかえるまではドキドキしてじっくり寝れなかったりご飯ものどを通らなかったり。

また、ドイツ語能力もここ1ヵ月だけでもすこーしだけ伸びたような気もします。聞き取れることが確実に増えました。

 

会社員の時も、そうでした。最初は緊張と不安で、数か月たって慣れてきたころ、やっと楽しみが見出せるようになります。責任感も生まれてからなにかに取り組んでいくっていう経験ができるのは、しんどいこともあった一方、確実に自分の力になったように思います。

 

と、いろいろ思い出してみると4月はやはり日本では一年のはじまりとしてスペシャルな時期ですね。すがすがしい気持ちで我々を迎えてくれるようにバーッとまとまって咲いている桜の木と、このシーズンのコンビネーションも大好きです。

 

新年度の始まり。不安や緊張のいりまじる季節の究極はやっぱり4月だと思います。

辛いと思ったり、大変だと思っても、勇気をもって取り組めば、それは気づかぬうちに自分の力と自信になっていると思います。

 

去年の今頃ここに来た時の私は、大学のアドミッションオフィスで質問するのも、ドイツ語がわからなくて英語で聞いていたくらいの能力しかありませんでした。大学院に受かったはいいものの、これで大学院で本当に勉強できるの?っていう恐怖ばかりでしたが、いくら悩んだところで、既にオーストリアに来ちゃったし、自分を信じて前に進むしかない!と思って、猛勉強しました。

 

長い先のことはわからないけど、今目の前にあること、すこし先の未来にむけて頑張ったら、新たな世界を見ることができると思います。

 

新生活を始める方、自分を信じて、とにかく前へ進んでいってみてください。

新たなチャレンジをされる方、応援しています。