オーストリアに恋して。

日本で会社員を経てオーストリア・ウィーンの大学院生に。将来日本を元気にしたいと思い本気で勉強しています。

使ったことはないけど…便利なAirbnbサービスとそれによるトラブル

こんにちはBABSIです。

早速ですが、Airbnbをみなさんご存知でしょうか。何かと耳にしますね。かくいう私は、興味はあったもののまだ使ったことはありません。

これは部屋を貸したい人と借りたい人をつなぐ、宿貸し・宿探しのサービスですね。

「どこかに旅行に行く=ホテルを予約する」ばかりが方法でなく、こういったサービスが広がったことで、ほんとに世の中便利になったなというのと、宿探しに対する価値観も変わっていくなというのを感じてしまう今日この頃です。

f:id:babsi:20170429075404j:plain

今日書きたいのは、このAirbnbに関連して、私の住むシェアハウスで起こったちょっとしたトラブル(というほど大きくもないけどすこし困ったこと)について。

 

以前の記事でも書いている通り、私は今のシェアハウスにて今年から暮らしているのですが、メンバー仲は極めて良好だと思いますし、これまで何かで私たちがもめたり大きなトラブルがおこったこともありませんでした。

しかしつい最近。一緒に住んでいるメンバーの一人が里帰りするにあたり、空いている自分の部屋をAirbnbで他人に貸したんです。

私たちのシェアハウスの主となる人物(代表してこのアパートの契約者になっている子)は、自分が里帰りしたりする際に、誰かに部屋を短期で貸したりするのはOKだと前から言っていたのですが、今回の問題は、その里帰りしていた彼女が、Airbnbで他人を部屋に泊めるということを私たちのだれにも告知していなかったことでした。シェアハウスなのにもかかわらず。

ある日、私が台所で晩御飯の準備をしていたら見慣れない大きな男性が突然現れて、それはもうびっくりしましたよ。

その男性は、私にハローって自分から挨拶してきて、ホテルがみつからなくてAirbnbを利用したという経緯などを自分から話してくれました。そこで彼が悪そうな人ではないということは十分わかりましたが、やはりまったく知らない人物を招き入れる際には、告知くらいしていただきたいものです。というか、おそらく泊まっている彼自身が普通に善良な人物だったとしても、里帰りした彼女が私たちに告知していないせいで、残された私たちはその彼のことを懐疑的な目でどうしても見てしまうじゃないですか、彼は悪くないのに。

でも実際、下心のある男性は、女性が運営するところを狙って宿泊するなんて話もよく聞きますし。

 

とにかくその日は、私が夜帰宅してから、私たちのアパートの主の契約者の子とその話になり。今度、その部屋を貸した彼女に対し、この点については注意してくれるでしょう。