オーストリアに恋して。

日本でサラリーマンを経た後オーストリアで大学院生に。オーストリア留学情報・蛇足なことも含め発信するブログ。

オーストリアでのビザ更新手続き(2017年末時点)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。BABSIです。

年末年始は日本の両親のもとへ帰っておりました。既にオーストリアに戻り、月末に向けテストモードです。

f:id:babsi:20180120234645j:plain

さて、新年初記事、思い立ったところで標題の件について残しておこうと思います。

年が明ける前になりますが、オーストリアで学生ビザの更新手続きをしてきました。

提出書類は以下のサイト(独語です)を参考に閲覧しました。

www.help.gv.at

 

2016年に初のビザ申請をしたときは、ドイツ語ネイティブの人についてきてもらいましたが、今回の更新は一人で大丈夫でした。

追加書類は求められましたが、すぐに用意できるものだったので、総じていうと更新手続きはスムーズだったかなと思います。

また「もう卒論の担当教授はついているか?」とか大学生活のことは口頭で少しきかれましたが、問題ありませんでした。まだ単位を取らなければいけないということを説明し、また自分の成績証明書も提出しますので、それがきちんと大学に通っているか(滞在許可のための在学でなく、ちゃんと単位をとっているか)の証明になるようです。

肌感覚でしかないですが、学生はちゃんと学校に通っているかというところがキーじゃないかと思います。あとは、ドイツ語のコミュニケーションが難しい人は、ネイティブについてきてもらうのがいいでしょう。(オーストリアで勉強してるのにドイツ語しゃべれないのかって言われちゃうかもしれませんが)

 

 

あと、余談ですが、このブログのお問い合わせページを下ろしました。

ブログ開設にあたり、何かの役に立つと思い問い合わせページを作りました。しかし、最近となっては、ここを通じて大学入学の手続きや滞在許可などのお問合せが多くなってしまいました。

内容によってはご返信させていただいている方もいます。返信するかしないかの判断基準は簡単に語ることが難しいのですが、いただいた内容を拝見して決めていました。

大変申し訳ないのですが、ぶしつけな質問、本来当方に対してではなく、ご自分で調べていただくべきだろう、また自分で調べれば分かるのにと感じた内容のものには、お返事は差し上げておりません。

それでも当方への質問・相談が必要であると感じた場合は、私を雇っていただきたい。私は単にブログを書いているだけで、留学エージェントではありませんし、すべての質問に答えらるほど万能ではありませんし、また無償で応対するというのはアンフェアだと思います。ご理解のほどよろしくお願いいたします。といってももう問合せページは下げましたし、再掲する予定はありません。